読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

辞めた仕事と新しい仕事 あれこれ思うこと☆

先週の土曜日で、いままで働いていたレストランを辞めました。

そして、新しいレストランでパートタイムで始めました。

 

今まで働いていたレストラン。

一品一品にこだわりがあり、サービスもきちんとしていた

クオリティのかなり高い高級レストラン。

大変なこともあったけど、働かせて頂いて、たくさんのことを学べて

本当に感謝しています!!

仕事の楽しさや慣れを感じ始めた頃に辞める感じになってしまった。

 

始めの一週間、あまりにも緊張と精神的苦痛で1日中全くお腹も空かなく、

辛かったときに辞めると言って、

その後、バーからホールに移動して、楽しく働けるようになってきた頃。

辞めるって決めたときに、すぐに新しい日本食のレストランが決まって、

そちらもとても興味があったので、3月からの仕事は決まっていました。

日本語環境でのダブルワークは考えてなかったので、ぎりぎりまで悩んだけど、

そのまま辞めました。

今でも、本当にこれでよかったのか、もう少し頑張れたのではないかと少し思ったりするのも本音です。

 

 

新しいところは、シティから離れた、素敵な住宅街の中にあるとても小さなレストラン。

昨日で二日目でした。

こちらも日本人夫婦で経営されているのですが、もう少しカジュアルでアットホーム、

フレンドリーな印象。そして料理も美味しいです。

私としては、比較的はじめから仕事がしやすい環境でした!

 

NZに来てから、いくつかレストランの面接やトライアルに行った。

規模・スタッフ人数・国籍・そしてそのレストランの文化(雰囲気)…。

どれもそれぞれ違っていて、それを知るだけでも面白いし、

勉強になる。

そしホールスタッフひとつの仕事も、もちろん基本的な求められることは同じだとは思うのですが

そのレストランによって仕事の内容や幅も違うなって思います。

いままでのレストランはバースタッフとホールスッタッフは分かれていましたが、

新しく働くレストランは、ホールで一人の日もあり、

オーダーからフード・ドリンク提供、お会計、予約や持ち帰り take away の電話対応等

全てできるように求められていたり。

私はNZでは、自分の大好きな和食料理を、接客を通して携わりたいと思って来ました。

でも2か所面接やトライアルに行った高級レストランやバーでは、経験がないからだめだったりもしました。

はじめは、そうゆうレストランばかりに目がいって、働いてみたいと思っていたけど、

今回新しいレストランで、お客様との距離も近くて、なんだかあったかい雰囲気が

感じられる場所に、自分自身もとても落ち着く感覚。

いまの私には、そうゆう環境が合っていることに

気づき始めました。

 

最近、また一から新しい仕事やまだ半分職探し中の自分に

すこし気持ちが疲れていた。

でも新しい発見ができて、すこし嬉しいし、また頑張ろう!

って思いました^^

長く続けることも大切だし

新しく行動してみることも大切。

いつも自分の心に問いかけて、ひとつひとつの行動に繋がっていきます!